タオバオ仕入れで失敗しないために絶対知っておくべき3つのコト

あなたは今、タオバオから仕入れをしようと思っているのではないでしょうか?

 

おそらく、今回が初めての仕入れで、不良品や商品が届かないといった失敗をしたくないのではないでしょうか?

 

実は、タオバオ仕入れは、基本的なチェックポイントさえ抑えておけば失敗することはありません。

 

なぜなら、実際に僕もタオバオから毎月500~1000個の商品を仕入れていますが、今回紹介する方法で、不良品や商品が届かないといったトラブルはなくなりました。

 

この記事ではタオバオ仕入れで失敗する3つの理由を解説し、その解決策を紹介します。

 

もし、あなたがタオバオ仕入れで失敗したくないと思っているなら、ぜひ、このページを読み込んでみてください。

 

そうすれば、不良品をつかまされたりトラブルに巻き込まれず、仕入れができるようになります。

 

1.タオバオとは

まず、失敗する理由を知る前にタオバオというサイトについて、かんたんに紹介します。

 

タオバオとはアリババグループのECサイトです。

 

今では5億人以上の登録者数がいて中国内の取引高の80%以上を占める人気サイトです。

 

そして、取扱商品数は10億点以上であり、タオバオで買えないものがないというほど様々なものが売られています。

 

ちなみに、淘宝網(タオバオ)という名前は「見つからない宝物はない」という言葉が由来です。

 

日本のショッピングサイトで例えると「楽天市場」のような位置付けで、品質が良い商品が売られているのが特徴です。

 

2.タオバオ仕入れで失敗する3つの理由

タオバオ仕入れで失敗する人は下記のどれかで失敗しています。

 

・リサーチがうまくできていない

・タオバオの優良店から仕入れをしていない

・代行業者選びが間違っている

 

では、順番に見てきましょう。

 

2-1.リサーチがうまくできていない

タオバオの仕入れで失敗しないために、リサーチ方法を知ることが重要です。

 

なぜなら、タオバオは何も知らずに検索していると不良品を販売するショップに出会う可能性があるからです。

 

実際に、タオバオの画面を使って、不良品が少なく、売れる商品の探し方を紹介していきます。

 

まず、こちらからタオバオを開くと下記のようなトップページ画面になります。

リサーチがうまくできていない

 

 

タオバオでは、中国語のキーワードを使って商品を検索していきます。
なので「Google翻訳」を使って日本語から中国語に変換して検索しましょう。
日本語を入力するだけで中国語に自動翻訳できるので必須ツールですね。

リサーチがうまくできていない

 

 

中国語に変換したキーワードをコピーしてタオバオの検索窓に貼り付けましょう。
入力したら「Enter」もしくは「虫眼鏡マーク」をクリックしましょう。

リサーチがうまくできていない

 

 

下記はタオバオの検索結果画面です。
このようにキーワードで検索することができます。

リサーチがうまくできていない

 

 

実はこの画面のまま商品を探してはいけません。
というのも、ここで表示されているものは「タオバオのオススメ順」に表示されているからなんですよね。
つまり、良い商品と悪い商品がごちゃ混ぜに表示されている状態ということです。
なので、ここから悪い商品を除くために「销量」を押しましょう。

リサーチがうまくできていない

 

ポイント

销量(売れている順)を押しましょう。

 

ワンクリックで画面が切り替わって下記のようになります。
青い枠で囲っている部分は「月間販売個数」を示しています。
たとえば、左上の商品はひと月で1.5万人が買ったということです。

リサーチがうまくできていない

 

ここでお伝えしたかったのは、「売れている商品=人気がある商品=良い商品」であるということ。

 

つまり、中国で売れているものは日本でも売れる可能性が高く品質も良い商品です。

 

なので、不良品をつかまされないためにも上位の商品を仕入れましょう。

 

ポイント

売れている商品=人気がある商品=良い商品

 

2-2.タオバオの優良店から仕入れをしていない

タオバオから仕入れをするなら優良店の判断はできるようにしましょう。

 

というのも、中国で売れている商品を選ぶだけではまだ不十分であるからです。

 

なので、ここで紹介する方法と組み合わせることで真の力を発揮します。

 

では、下記を例に紹介していきます。

タオバオの優良店から仕入れをしていない

 

 

商品をクリックすると、下記のような商品ページを見ることができます。
注目すべきは青枠の中です。

タオバオの優良店から仕入れをしていない

 

下記のようなことが書かれています。

・描述: 4.7

・服务: 4.8

・物流: 4.8

 

このままでは中国でよくわからないので順番に解説していきます。

 

「描述」とは、商品説明と実物が一致しているかを示しています。

 

つまり、画像通りのちゃんとした商品かどうかを確認できます。

 

商品ページを開いたら必ず「描述」を確認しましょう。

 

次に「服务」とは、ショップサービスの質を示しています。

 

たとえば、問い合わせ対応や購入後のサポートなどです。

 

タオバオから仕入れをする場合、代行業者を使うことがほとんどですから、ここはあまり気にしなくても問題ないでしょう。

 

「物流」とは、発送スピードを示しています。

 

たとえば、発送までのスピードが遅ければ、数字が低く、早ければ高いといった具合です。

 

つまり、急ぎであるなら数字が高いショップを選ぶのがベスト。

 

「4.8以上」なら、1~2日で発送されます。

 

ちなみに、数字は「0~5.0」の間で評価されています。

 

僕が仕入れるなら下記の基準以上のショップを選ぶようにしているので参考にしてみてください。

 

ポイント

・描述: 4.7以上

・服务: 4.5以上

・物流: 4.5以上

 

ちなみに、タオバオを使っていると「天猫(TMALL)」というサイトが表示されることがあります。

 

というのも、天猫(TMALL)はタオバオのグループ会社なので、タオバオの検索結果に混ざって表示されます。

 

下記のマークが目印です。商品ページの左上にマークが表示されています。

 

天猫(TMALL)の特徴は、価格が高い分、質の良いものが売られています。

 

つまり、日本人感覚で購入しても満足する品質であるということ。

 

天猫(TMALL)の場合は、画面上部からショップ評価を確認できます。

タオバオの優良店から仕入れをしていない

 

 

カーソルを合わせるとポップアップがでるので、チェックしましょう。

タオバオの優良店から仕入れをしていない

 

2-3.代行業者選びが間違っている

代行業者選びを間違ってしまうとザルのような検品をされ、不良品がそのまま日本に送られてしまうことがあります。

 

なぜなら、検品といっても代行業者によってその質がバラバラだからです。

 

実際に、今回紹介した方法でも、100個買ったら1個~5個くらいは不良品が混ざっていることがあります。

 

なので、不良品をすべて除くためにも信頼できる代行業者を選ぶようにしましょう!

 

とはいえ、日本に不良品が届いてもそれを中国に送って返金すればいいじゃん。と、思われるかもしれません。

 

たしかにその通りなんです!

 

しかし、ネックになるのが「中国への送料」。

 

たとえば、中国で200円で買ったものが日本に届き、不良品であったとしましょう。

 

それを中国まで送るとなったら、1000円~2000円はかかってくる訳です。(もちろん、実費負担)

 

僕も何度も体験していますが、泣き寝入りするしかありません。

 

つまり、代行業者の倉庫内で検品をしてもらい、日本に送るまえに取りのぞいて返金するのがベストということです。

 

初めての仕入れでどの代行業者を使えばいいかわからない。という方は僕も使っている代行業者をこちらで紹介しているので目を通しましょう。

 

3.タオバオ仕入れでかかる費用

タオバオで仕入れをした商品代金以外にかかる費用は大きく分けて3つあります。

 

これらの費用を忘れていると利益がでない。ということになりかねないので押さえておきましょう。

 

・国内送料

・国際送料

・関税

 

順番に解説していきます。

 

3-1.国内送料

国内送料とは、商品をタオバオのショップから代行業者に送る際にかかる費用です。

 

この送料はショップによって、送料がかからないこともあれば、送料がかかったりと様々です。

 

1つお伝えできることは日本でかかる送料よりは安いということ。

 

実際、最近仕入れた商品の場合、60サイズのダンボールで12元(200円程)でした。

 

下記はヤマト運輸の料金表ですが、東京から大阪に送った場合、60サイズで1040円かかります。

 

国内送料

 

ここからもわかる通り、中国内の送料は安いということです。

 

ポイント

計算するなら日本国内の送料の半分と見ておきましょう。

 

3-2.国際送料

商品代金の次に大きな割合を占めるのが国際送料です。

 

国際送料とは、中国の代行業者から日本の自宅もしくは倉庫へ送るのにかかる費用です。

 

実は、国際送料は代行業者によって費用が変わってきます。

 

なので、僕が今まで航空便でかかった送料をまとめたので紹介します。

 

EMS、OCS、DHLとは国際配送サービスの名前です。20kg以下ならEMSが安く送ることができます。

 

また、船便で発送を考えている方は、この金額より安くなることことがほとんどです。

 

では、下記の表から国際送料をざっくり出していきましょう。

 

国際送料

 

たとえば、5kgの商品にかかる送料を知りたい場合は、上記から5.3kgの金額4,620円を確認します。

 

すると、今回は5kgを送るので、5.3kgより少し金額が下がり、約4,500円くらいと予想することができます。

 

このようにして、国際送料を求める参考にしてみてください。

 

3-3.関税

関税とは、海外からものを輸入する時にかかる手数料のことです。

 

ここでは、関税について細かくは説明しませんが、商品代金の15%くらいかかるとイメージしておきましょう。

 

より詳しく関税について知りたいのであれば、こちらにも目を通しておきましょう。

 

関税を安くするコツも紹介しています。

 

4.タオバオ以外の仕入れ先

今回は、タオバオの仕入れで失敗しない方法について解説してきました。

 

実は、タオバオ以外にも中国から仕入れができるサイトはたくさんあります。

 

特に、代表的なのが「アリババ」というサイトです。

 

一度は聞いたことがあるかもしれませんが、タオバオを見てからアリババを見ると価格の安さに驚くでしょう。

 

なぜなら、アリババというサイトは、BtoB(企業間取引)を目的に作られたサイトなので、タオバオよりも安く仕入れができます。

 

安いとは言ってももちろんデメリットもあるので使い分けて使うことが重要です。

 

タオバオのメリットを生かしつつ、アリババ仕入れで利益率を上げたい方はこちらの記事にも目を通しておきましょう。

 

また、タオバオやアリババ以外にもアパレルや家電、スマホケースなど専門的な仕入れサイトはまだまだあります。

 

専門サイトからの仕入れが気になる方は、こちらの記事でタオバオやアリババ以外のオススメ仕入れ先をランキング形式で紹介しているので目を通してください。

 

5.まとめ

この記事のまとめ

・销量(売れている順)に並び替える

・売れている商品=良い商品

・タオバオの優良店は「描述」で判断する

・代行業者を使って検品をする

・国際送料はざっくり計算しておく

いかがでしたでしょうか?

 

この5つのポイントだけ意識するだけで不良品やトラブルに巻き込まれることはなくなります。

 

最初は、タオバオの使い方もよくわからず仕入れに手間取ってしまうと思いますが、何度も読みかえしてあなたのモノにしてください。

 

あなたのモノにしてしまえば、不良品やトラブルに巻き込まれず、タオバオ仕入れを確実に成功させることができます。