【完全保存版】中国輸入で役立つおすすめの銀行口座を紹介!

あなたは今、中国輸入で役立つ銀行口座を探してはいないでしょうか?

 

今回は僕も中国輸入ビジネスで使っているおすすめの銀行口座を紹介します。

 

すでに銀行口座はお持ちだとは思いますが、この機会にプライベートとは別にビジネス用の銀行口座を作りましょう。

 

というのも、ビジネスとプライベートの口座を一緒にしてしまうと、入出金明細がごちゃごちゃになり、だんだんと管理ができなくなります。

 

なので自分の利益をしっかりと把握するためにもビジネス用の専用口座を用意しましょう。

 

中国輸入でおすすめの銀行口座とは?

 

中国輸入でおすすめなのは、ネットバンキングです。

 

ネットバンキングとは、インターネットを通して取引できる銀行のことです。

 

たとえば、下記のようなことがネットバンキングではできます。

 

・残高照会

・入出金明細の照会

・振込

・振替

・積立投資

 

 

普段お使いの銀行とできることは同じですよね。

 

この機能が窓口にいかずにインターネットを通して利用することができます。

 

そして、ネットバンキングには通帳がありません。

 

ここだけが普段お使いの銀行口座との違いです。

 

ネットバンクキングの特徴

 

手数料が無料or安い

 

ネットバンクキングは「ATM手数料」や「振込手数料」が無料であったり安くなるという特徴があります。

 

インターネットのみの取引なので人件費などがかからない分、安くサービスを利用することができます。

 

しかし、無料で使うには条件があり、口座残高や関連サービスのヒモづけくらいなので厳しくありません。

 

これから中国輸入を始めると、代行業者への送金や商品のキャンセルの際に銀行口座から振込をする場面がでてきます。

 

なので、手数料が無料であったり安くなるネットバンキングは非常に助かります。

 

外出先でも残高確認や振込ができる

 

ネットバンキングを使うとスマホを通して外出先でも残高確認や振込ができるようになります。

 

そして、中国輸入をしていると外出中に振込する機会がでてきます。

 

たとえば、代行業者から商品の見積もりが完了すると商品代金の振込を行います。

 

普通の銀行口座であれば、近くのATMや銀行に行き振込をしますが、ネットバンクキングであればその必要はありません。

 

外出中でもスマホでポチっとするだけでリアルタイムで入金できます。

 

このようにスピーディーな対応ができると納期を短くすることができるので中国輸入との相性もばっちりです。

 

土日祝日関係なく利用できる

 

ネットバンクキングは、土日祝日関係なく利用できます。

 

なので、今まで感じていた下記のようなこともなくなります。

 

・休業日で振込ができない

・銀行での待ち時間が長くてイライラ

・受付時間に間に合わない

 

 

 

中国輸入でおすすめのネットバンキングとは?

 

あなたが損をしないためにもぜひ作って欲しいネットバンキングを紹介します。

 

ネットバンキングと言ってもかなり種類がありますが、特に有名なのは下記の6社です。

 

・楽天銀行

・イオン銀行

・住信SBIネット銀行

・SBJ銀行BANK支店

・東京スター銀行

・ジャパンネット銀行

 

この中でも僕も使っていてオススメしているのが「楽天銀行」と「住信SBIネット銀行」です。

 

それぞれ紹介していくのであなたの利用状況にあったものを選択しましょう。

 

楽天銀行

 

楽天銀行

 

楽天銀行はこちら

 

楽天銀行はネットバンクキングの中でも口座開設数No.1の大手ネットバンクです。

 

口座残高が月10万円以上あれば、振込手数料は1回無料です。

 

さらに口座残高が増えていくと無料回数も増えるのでメイン口座として最適です。

 

僕も楽天銀行をメイン口座として使っていますが他のサイトよりも使いやすいです。

 

ネットバンクで悩んでいるならまずは「楽天銀行」でしょう。

 

イオン銀行

 

イオン銀行

 

イオン銀行はこちら

 

イオン銀行は、日常的にイオンや系列スーパーを利用する人におすすめな銀行です。

 

ATM手数料や振込手数料はイオン系列のサービス利用状況に応じて変化します。

 

なので、イオンのクレジットカードやサービスを使っている場合は、楽天銀行よりもお得に使うことができます。

 

しかし、イオンのサービスを使っていない場合は、イオン銀行スコアがたまらず手数料無料にならないので注意しましょう。

 

住信SBIネット銀行

 

住信SBIネット銀行

 

住信SBIネット銀行はこちら

 

住信SBIネット銀行は、ネット証券最大手のSBI証券系列のネットバンクです。

 

口座残高が月30万円以上あれば、振込手数料は3回無料になります。

 

楽天銀行と同じように口座残高が増えるごとに無料回数も増えていく特徴があります。

 

僕は楽天銀行の振込手数料を使いきったとき用のサブ口座として使用しています。

 

SBJ銀行

 

SBJ銀行

 

SBJ銀行はこちら

 

SBJ銀行という銀行名を聞きなれない人も多いと思いますが、韓国の大手銀行が日本現地法人として2009年9月に開業した銀行です。

 

月の振込手数料は最低7回まで無料なので、今回紹介しているネットバンクでNo.1です。

 

デメリットとしてはSBJ銀行が引き落とし口座として設定できないサイトがあるので汎用性は低い点です。

 

なので、メイン口座としては使いづらく、振り込み専用口座としてはおすすめできるネットバンキングです。

 

東京スター銀行

 

東京スター銀行東京スター銀行

 

東京スター銀行はこちら

 

東京スター銀行は、2001年に経営破綻した東京相和銀行の経営地盤を米国の投資ファンドが引き継いで営業を開始しました。

 

口座の取引明細書を自宅へ「郵送しない」を選択すると月3回まで振込手数料が無料になります。

 

なので、口座残高が少なくてもサービスを使うことができます。

 

口座残高が10万円以下ならまずは東京スター銀行がおすすめです。

 

僕も中国輸入をスタートしたばかりの時にお世話になっていました。

 

ジャパンネット銀行

 

ジャパンネット銀行

 

ジャパンネット銀行はこちら

 

ジャパンネット銀行は、2000年に日本を代表する大手企業(ドコモ、三井住友銀行など)の出資を受け、日本初のインターネット専業銀行として開業されました。

 

ATM手数料は実質無料ですが、振込手数料は「無料回数」がないので他のネットバンクキングに比べると劣ります。

 

また、トークンと呼ばれるワンタイムパスワード生成機を無料で発行していることもありセキュリティ面では安心できるネットバンキングです。

 

僕も発行していますが、ほとんど利用していないのが現状です。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

まだネットバンクを持っていないのなら、最低でも1つ作ることをおすすめします。

 

特に「楽天銀行」は使い勝手もよくて、僕も愛用している銀行口座です。

 

どれも発行にかかる費用は0円なのでぜひこの機会に銀行口座を作りましょう。