【2020年最新】Amazon大口出品アカウントの登録・取得方法!

あなたは今、Amazon大口出品アカウントを取得したいと思っているのではないでしょうか?

 

この記事では、Amazon大口出品アカウントの登録・取得方法を解説します。

 

Amazonで販売やFBA倉庫をするためには大口出品アカウントを登録しないと利用することができません。

 

Amazonのアカウント取得でつまづく点もいくつかあるので、この記事を参考に大口出品アカウントを入手しましょう。

 

Amazon大口出品に必要な書類

 

まずAmazonの大口出品に申し込む前に必要な書類があるので準備しておきましょう。

 

・電話番号

・銀行口座

・クレジットカード

・メールアドレス

・本人確認書類

 

 

電話番号

 

アカウント登録に必要です。

 

普段から使っている携帯番号でOKです。

 

しかし、ビジネス用の050電話番号を持っているとプライベートと分けれるのであると便利です。

 

まだ、ビジネス用の050番号は無料で取得できるのでまだ持っていない場合は取得しておくことをおすすめします。

 

こちらの記事で僕も使っているSMARTalk(スマートーク)というアプリを紹介しています。

 

初期費用や固定費もかからないのでおすすめです。

 

【保存版】050電話番号を無料で取得できるSMARTalkを紹介!

 

銀行口座

 

Amazonの売上は銀行口座に振込されます。

 

プライベートで使用している口座でもOKですが、なるべくビジネス用の口座は分けておいた方が管理がしやすいです。

 

こちらの記事でおすすめの銀行口座を紹介しているのでこの機会にビジネス用の口座を作っておくことをおすすめします。

 

【完全保存版】中国輸入で役立つおすすめの銀行口座を紹介!

 

クレジットカード

 

登録したクレジットカードから、送料や在庫保管費用などの手数料が引かれます。

 

プライベートで利用しているクレジットカードで問題ありません。

 

また、登録したクレジットカードは後から変更もできます。

 

メールアドレス

 

利用規約の変更があった際に連絡があります。

 

ヤフーやGmailなど、フリーアドレスでも登録できます。

 

本人確認書類

 

2019年以降の登録には下記の本人確認書類が必要になりました。

 

こちらも合わせて用意しましょう。

 

・運転免許証もしくはパスポート

・銀行口座の通帳

 

 

Amazon大口出品のアカウント登録方法

 

登録に必要な書類がそろったらアカウント登録をしていきましょう。

 

購入用アカウントの登録

 

まずは、Amazonの購入用のアカウント登録方法を解説します。

 

Amazonのアカウントには「購入用」と「出品用」の2種類のアカウントがあります。

 

すでに「購入用」のアカウントを持っている場合は、こちらは飛ばして頂いてOKです。

 

持っていない方はまずは、「購入用」アカウントを作成しましょう。

 

こちらからAmazonのトップページにアクセスできます。

 

購入用アカウントの登録

 

右上の「アカウント&リスト」を押しましょう。

 

購入用アカウントの登録

 

「Amazonアカウントを作成」を押しましょう。

 

 

下記の情報を記入して「Amazonアカウントを作成」を押しましょう。

 

・名前

・フリガナ

・Eメールアドレス

・パスワード

 

購入用アカウントの登録

 

こちらの画像になったら購入用アカウントの登録は完了です。

 

 

出品用アカウントの登録

 

次は、出品用アカウントの登録をしていきましょう。

 

 

出品用アカウントの登録

 

トップページ右上の「アカウント&リスト」を押しましょう。

 

 

出品用アカウントの登録

 

その他のアカウント内の「出品サービスアカウント」を押しましょう。

 

出品用アカウントの登録

 

こちらが「出品用」アカウントの登録申請画面です。

 

「さっそく始める」を押しましょう。

 

出品用アカウントの設定

 

出品用アカウントの設定

 

下記を記入して「次へ」を押しましょう。

 

・居住国/事業所の国

現在、お住まいの国を選択します。

日本にお住いの場合は、そのままでOKです。

 

・正式名称/販売業者名

法人であれば法人名、

個人事業主や副業の場合は、あなたの氏名を記入しましょう。

 

出品者情報の入力

 

 

出品者情報の入力

 

下記を記入したら「次へ」を押しましょう。

 

・店舗名

店舗名は一般公開される情報です。

好きな名前でOKです。

また、店舗名は後から変更もできます。

 

・新しい住所を追加する

現在、お住いの住所を記入しましょう。

 

・電話番号認証に使用するワンタイムパスワードの取得方

電話番号の認証の方法を選択します。

こちらはSMS(テキストメッセージ)にしましょう。

 

・SMSの受信に使用する言語

日本語のままにして「すぐにSMSを受信する」を押しましょう。

すると、携帯電話にPINコードが届くので入力できたら「検証」を押しましょう。

認証後に運営責任者名を求められた場合は、あなたの氏名を入力しましょう。

 

・自社ショッピングサイト、他のECサイトURL

こちらは記入しなくてOKです。

 

クレジットカード情報の入力

 

クレジットカード情報の入力

 

クレジットカードは「大口出品の月額利用料」「在庫保管手数料」などの支払いに使用されます。

 

ちなみに、商品の売上が手数料を上回っているとクレジットカードへの請求はありません。

 

たとえば、大口出品の月額利用料が5,000円、在庫保管手数料が5,000円の場合は、月に請求される金額は10,000円です。

 

月に10,000円分の商品が売れていればクレジットカードへの請求は0になります。

 

また、20,000円分売れていた場合は、差額の10,000円が銀行口座に入金されます。

 

注意点

登録できるクレジットカードは「VISA」「Master」「AMEX」「JCB」のみです。

ダイナースは登録できません。

 

クレジットカードの入力ができたら「次へ」を押しましょう。

 

商品情報の入力

 

商品情報の入力

 

商品情報の入力は「省略するorスキップする」を押しましょう。

 

商品カテゴリー

 

商品カテゴリー

 

商品カテゴリーも「省略するorスキップする」を押しましょう。

 

以上で出品用アカウントの登録は完了です。

 

その後、Amazonからメールが届くので、忘れずに本人確認書類を提出しましょう。

 

 

Amazonセラーセントラルへログイン

 

こちらからAmazonのトップページを開きましょう。

 

 

Amazonセラーセントラルへログイン

 

購入用アカウントにログインした状態で「アカウント&リスト」を押しましょう。

 

Amazonセラーセントラルへログイン

 

その他のアカウント内の「出品サービスアカウントもしくは出品用アカウント」を押しましょう。

 

Amazonセラーセントラルへログイン

 

以上で、Amazonセラーセントラルへログインができました。

 

こちらから商品登録や売上情報の確認ができます。

 

何度もアクセスすることになるので、ブックマークは忘れずにしましょう。

 

銀行口座の登録

 

出品用アカウントを登録した際に、銀行口座の情報を登録していません。

 

なので、セラーセントラル上で、銀行口座の登録していきましょう。

 

この登録した銀行口座に売上金が入金されるので、忘れずに登録してください。

 

銀行口座の登録

 

セラーセントラルの右上に「設定」があるので押しましょう。

 

銀行口座の登録

 

「銀行口座情報」を押しましょう。

 

銀行口座の登録

 

「登録」を押しましょう。

 

 

銀行口座の登録

 

銀行口座情報を記入していきましょう。

 

銀行コード、支店コードがわからない場合はこちらで検索することができます。

 

以上で銀行口座の登録は完了です。

 

お疲れ様でした。