ヤフーショッピングに出店する前に必ず知っておきたい7つのポイント

あなたは今、新たな販路としてヤフーショッピングの出店を考えているのではないでしょうか?

 

ヤフーショッピングは取引高やユーザー数が増加してきていて、今最も勢いのあるショッピングサイトです。

 

この記事ではヤフーショッピングのメリットやデメリット、さらに副業の方や個人事業主の方が審査通過するためのコツについて紹介します。

 

この記事を読めば、ヤフーショッピングについて理解でき、スムーズに出店審査まで進めることができます。

 

ぜひ、ヤフーショッピングを始めて売上を伸ばしていきましょう!

 

1.ヤフーショッピングに出店するメリット

 

ヤフーショッピングに出店するメリットはたくさんあります。

 

今回はその中でも特におすすめしたい3つのポイントを紹介します。

 

・出店費用・ランニングコストが0円

・圧倒的な集客力

・顧客リストが活用できる

 

 

1-1.出店費用・ランニングが0円

 

 

出店費用・ランニングが0円

 

上記はヤフーショッピングと他社の初期費用や手数料の比較したものです。

 

ご覧いただいた通り、ヤフーショッピングの出店にかかる費用は0円です。

 

さらに、出店後のランニングコストもかからないのでかなり良心的ですよね。

 

ちなみに、楽天の1年間のランニングコストは60万、Amazonは6万円かかります。

 

出店費用・ランニングが0円

 

上記の他社大手ショッピングモールは楽天市場のことです。

 

月商が100万円の場合は、7万円ほどヤフーショッピングがやすくなります。

 

決済手数料も低いのでAmazonや楽天で販売するよりも手元に残る金額は多くなります。

 

 

1-2.圧倒的な集客力

 

圧倒的な集客力

 

大きなメリットとして日本最大級の集客力をつかうことができます。

 

国内ECサイトの月間利用者数ではヤフーショッピングは3位と国内最大級です。

 

また、2019年11月には「LINE」と「ヤフー」が経営統合しました。

 

利用者数を合計すると、1億人超の利用者をかかえるプラットフォームとなります。

 

・ヤフー:5,000万人

・LINE:8,200万人

 

この規模は日本国内No.1の規模であり、今後LINEとのサービス連携によってさらにヤフーショッピングの利用者数は増加していきます。

 

圧倒的な集客力

 

1-3.5のつく日キャンペーンが強力

 

5のつく日キャンペーンが強力

 

ヤフーショッピングでは「5のつく日キャンペーン」という企画を行っています。

 

このキャンペーンでは毎月「5日、15日、25日」に買い物をするとポイント倍率が上がり、お得に買い物ができるというものです。

 

ヤフーショッピングを利用しているユーザーの中でこのキャンペーンは特に人気です。

 

下記は僕の売上データなのですが、5のつく日キャンペーンの時は普段の2~3倍ほど売れています。

 

5のつく日売上

 

ぜひこのタイミングで「売上アップ」と「新規のお客さん獲得」していきましょう。

 

2.ヤフーショッピングに出店するデメリット

 

ヤフーショッピングの出店にはデメリットもいくつかあるので紹介します。

 

・出店には審査がある

・楽天やAmazonよりは流通量が少ない

・出店数が増えている

 

 

 

2-1.出店には審査がある

 

ヤフーショッピングの出店には審査があり、誰でも出店できるというわけではありません。

 

なので、審査のための対策や必要書類の準備に少し手間がかかります。

 

とはいえ、ネックになるのは「開業届写し」と「納税証明書」なのですが、どちらも税務署や市役所に行けば1日で取得することができます。

 

この書類さえ用意できればほとんどの方は審査に通過することができます。

 

ちなみに日本に納税していない中国人や、納税をしていなかった方なんかは審査通過できないので注意してください。

 

今までしっかり納税していた方は大丈夫なので安心してくださいね。

 

2-2.楽天やAmazonより流通量が少ない

 

ヤフーショッピングは後発のECサイトになるので、楽天やAmazonと比べると流通量が少ないです。

 

だからと言って、まったく売れないということはありません。

 

僕も出店してまだ1年以内ですが、下記のように結果がでています。

 

1月,2月の売上

 

ヤフーショッピングはショップ構築をしっかりすると売れていくので安心してくださいね。

 

2-3.出店数が増えている

 

Yahoo!ショッピングの出店数は直近6年間で30倍ほど増加しています。

 

2013年:29,000店

2019年:872,889店

 

Yahoo!ショッピングは2013年に出店料を無料にしてから出店数が急増しています。

 

楽天市場は直近6年間での増加数は約1万店なのでヤフーショッピングがいかに注目されているか分かります。

 

今後、楽天のように出店が有料になる可能性があるので出店料が無料な今のうちに出店しましょう。

 

3.ヤフーショッピングの出店プラン

 

3-1.ライト出店

 

以前までは小口取引向けに「ライト出店」というプランがありました。

 

しかし、2018年11月28日に「ライト出店」が廃止となり、現在はプロフェッショナル出店のみとなりました。

 

3-2.プロフェッショナル出店

 

プロフェッショナル出店

 

現在は、ライト出店がなくなり上記のプロフェッショナル出店のみとなっています。

 

4.ヤフーショッピング出店審査の流れ

 

ヤフーショッピングの出店は下記の流れで進みます。

 

必要書類の準備

出店申し込み

申込情報の確認電話

出店完了

 

僕は、出店当時はサラリーマンだったので有給休暇を使って1日で必要書類の準備をしました。

 

それから出店の申し込みをして3~5日以内にヤフーから申込情報の確認電話がありました。

 

その後、2週間後に出店審査完了のメールが届き無事出店することができました。

 

なので、申し込みから出店完了まで2、3週間かかるようなスケジュールです。

 

5.ヤフーショッピング出店申し込みのやり方

 

ヤフーショッピングの出店申し込みは専用フォームから行います。

 

出店審査をスムーズに通過するためにも申し込みフォームの記入はかなり重要です。

 

申し込み情報が間違っていたりすると落ちる原因になるのでこちらの記事で申し込みの方法を画像付きで紹介しています。

 

審査通過のポイントなども紹介してるので必ず目を通してください。

 

【画像付き】ヤフーショッピング出店のやり方は簡単!申込手順を解説

 

6.ヤフーショッピング出店審査は厳しい?

 

ヤフーショッピングの出店審査はゆるくなったり、逆に厳しくなったりすると噂が出回っています。

 

もちろん、厳しい時期に申し込んだとしても全員が落ちるなんてことはありません。

 

つまり、体感みたいなもので共通して言えるのはまずは審査を受けてみようということです。

 

もし、これからヤフーショッピングの出店審査を受けるなら「申込み情報は統一」してください。

 

たとえば、開業届写しと出店申込したときの住所が違っているだけでも審査に落ちてしまいます。

 

なので、書類と申し込み情報があっているかは必ず確認してくださいね。

 

とはいえ、もし落ちてしまっても1ヶ月おきに審査を受けることができるので早めに申し込みをしましょう。

 

7.ヤフーショッピングに出店できたらなにから始めればいい?

 

ヤフーショッピングに出店ができたら商品をリサーチしていきましょう。

 

ヤフーショッピングの利用者は30~50代の男性が大きな割合を占めています。

 

つまり、その年代をターゲットにした方が商品の売れ行きはよくなります。

 

こちらの記事でヤフーショッピングで売れる商品のリサーチ方法を紹介しているので目を通しておきましょう。

 

【中国輸入リサーチ】ヤフーショッピングを攻略する36のコツ!

 

8.まとめ

 

この記事のまとめ

・出店費用、ランニングコストは0円

・ヤフーショッピングは儲かります

・ライト出店は廃止になり、プロフェッショナル出店一択

・審査通過まで2、3週間かかる

・早めに審査に受けたほうが受かりやすい

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ヤフーショッピングは今最も勢いのあるショッピングサイトです。

 

出店費用、ランニングコストは0円ではじめられるのでまだ出店していないなら絶対に出店したほうがいいです。断言します!

 

また出店審査でわからないことがあれば、お問い合わせやメールでご連絡いただければサポートできますので、お気軽にお問い合わせください。